Mobile Desktop Software
非球面レンズによる360°パノラマ8K撮影の「Trisio lite 2」レビュー
2022-05-25 18:32:46

非球面レンズを搭載したポータブルな筐体のカメラが、回転しながら8K32MPの360°静止画パノラマを撮影するというユニークな360°VRカメラ「Trisio lite 2」が登場した。

主な用途には不動産の物件、自動車の内覧、美術館、店舗等のバーチャルツアー制作を目的としたビジネスユースが想定されている。中国製の新製品のカメラであるが、メーカーが日本市場で販売するための技適等の認証を取得したということなので、早速この機会に詳細なレポートをお届けしたいと思う。

 

概要

Trisio lite 2は、パノラマのフィールドにフォーカスした製品を開発しているNanjing Hznovi Electronic Technologyという中国企業が製造している。本社は南京にあり、深圳に中国南部と海外市場を担当する支社がある。2014年に設立され社員は91人、内51人がR&D(研究開発)部門のメンバーだ。中国国内向けには、さまざまなモデルを用意しているようだが、海外向けには今のところlite2のみの販売となっている。

現在、コンシューマー向けで360°の静止画撮影が可能なカメラは、2個以上の複数のカメラ(レンズ)を内蔵して、ワンショットで全周を撮影するものが主流である。そのような撮影スタイルは手軽で良いのだが、本来、高品質な静止画の360°パノラマを制作する場合は、DSLRに魚眼レンズを装着して、パノラマ雲台を用いて水平方向と天頂、底面を分割して撮影。そのようにして得られた画像を、ステッチングソフトウェアの「PTGui」などで合成して仕上げていた。実際に今もそのようなスタイルで撮影しているプロのクリエイターたちも少なくない。Trisio lite 2は、この後者の原理を取り入れて、カメラを小型化し、専用のローテーターを付属するなど、ワークフローをシンプル化しして設計された新しい360°カメラとなっている。

 

Full article here: 非球面レンズによる360°パノラマ8K撮影の「Trisio lite 2」レビュー